数学のセンスを身につける問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 会員志望校優先! 2013年同志社大学文系 第2問 微分と積分

<<   作成日時 : 2013/12/20 01:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 特別な君へ、数学道場は全面的に応援します。ブログに掲載している問題についても質問があればいつでもサクサクとお答えいたします。
新島襄生誕之地

勝負事は、読む力が何よりも大切です

 写真上は、神田錦町に建っている同志社英学校(現同志社大学)創立者の新島襄生誕地の碑です。石碑には<天保十四年一月十四日 新嶋襄先生生誕之地 門人徳富正敬書>と彫られています。天保十四年は、西暦に直すと1843年、門人徳富正敬は本名徳富猪一郎(蘇峰)のペンネームです。
 今年はNHKの大河ドラマで「八重の桜」が放映されていたので、主人公の八重の夫である新島譲の功績は、さらに深まったのではないかと思います。
 新島襄の生誕地には、現在学士会館が建っています。学士会館の玄関には東京大学の発祥地の石碑があります。明治新政府になり、この土地が文教地区になり、東京商業学校(現一橋大学)、東京外国語学校(現東京外国語大学)、共立女子職業学校(現共立女子大学)も、この土地が発祥の地です。ちなみに日本の野球もこの地が発祥の地です。

大山巌像 写真左は、大河ドラマで最後まで出演していた千鳥ヶ淵の田安門近くで軍馬に乗っている大山巌像です。大山巌は会津藩の山川捨松の夫で、捨松は岩倉使節団に随行し、鹿鳴館の華と云われ帝国大学総長を務めた山川健次郎の実妹です。
 ドラマの中では、二枚目俳優が演じ、時間が移っても相変わらず二枚目でしたが、司馬遼太郎の小説に登場してくる大山巌は、泰然自若のさまで、ドラマの二枚目とは似ても似つかないものでした。

 司馬遼太郎が大山巌の痕跡を取材したとき、フランス留学のときに勉強したノートを見せてもらい、ノートの中に微分積分の計算がびっしりと書き込まれていたことに驚いたと述べていました。

 実は、日本人で初めて微分積分を解いた人は、幕末に活躍した小野友五郎といわれています。
 小野友五郎は、幕臣、海軍軍人、和算家、数学者であり、小笠原諸島の測量を行い、万延元年遺米使節で渡米、慶応3年には福沢諭吉を伴って渡米しました。福沢諭吉とは相性が良くなかったようでした。明治時代に入るとそれまでの禁錮の刑が許され、謹慎していましたが、海軍省の出仕要請は断り、民部省への出仕には応じて鉄道敷設のための測量など鉄道業務に従事しました。

 大山が、フランス留学の期間は明治2年〜明治6年で、その間に普仏戦争などを視察しています。これは、推測ですが大山巌は日本人として微分積分を解いた者としては十傑にはいるのではないかと思われます。大山はそれまでに特別に数学を習ったことなどないと思いますが、江川太郎左衛門の塾で黒田清隆らともに砲術を学び、自ら「弥助砲」となるものを製作して戊辰戦争に出陣しました。
 フランスに留学して砲術をさらに研究した時に、微分積分の必要性を知ったのかもしれません。現に、物言わぬ大山が日露戦争の時に、無暗に砲弾を放つ場面に遭遇して、砲をもっと上げて撃たないと敵陣に命中しないなどと愚痴をこぼしていたという文章も読んだ記憶があります。45度の角度が一番遠くに飛ばせることを部下に知らせたかったのではないかと推測します。
 
 今ではコンピュータ制御になって、その場でいちいち計算することなどありえませんが、ほんの100年前までは、三角関数や微分積分を代表する数学力が勝敗を決定づける要因の一つであったのです。

 前置きが長くなりましたが、本題に入ります。

岡っ引き平次親分わからないときには平次親分に聞け!

 微分と積分は高等数学の最たるものだと思われがちですが、決して難しいものではありません。高等学校で学習する微分積分ぐらいは知っていてほしいものです。いまどき、経済分野で微分積分を使用しないと、分析、解析などできません。微分積分は文系の人にも必要ですよ。経済分野は数学ぬきの理屈だけでは通用しませんよ。
 それでは、 2013年同志社大学文系 第2問 微分と積分を解いてください。
 2013年同志社大学文系 第2問 微分と積分
ポイント


旧会津藩校日新館 写真左は、旧会津藩校日新館を復元した建物です。江戸時代には城内にあったそうですが、戊辰の役で焼失し、復元された日新館は会津鶴ヶ城からだいぶ離れています。
 写真には写っていませんが、門のところに帝国大学総長を務めた山川健次郎の像が設置されています。
 山本覚馬は新島襄の婦人八重の実兄で、同志社英学校創立の最大の協力者です。山本は、藩校日新館で学び頭角を現し、江戸に出て砲術を学びました。会津に戻ると、日新館の教授もしていました。

 日新館と云えば什の掟(じゅうのおきて)が有名です。
一、年長者(としうえのひと)の言ふことに背いてはなりませぬ
一、年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ
一、嘘言(うそ)を言ふことはなりませぬ
一、卑怯な振舞をしてはなりませぬ
一、弱い者をいぢめてはなりませぬ
一、戸外で物を食べてはなりませぬ
一、戸外で婦人(おんな)と言葉を交へてはなりませぬ
ならぬことはならぬものです

 現代にも通じるものがあります。教育界では、道徳の授業の賛否で揉めているようなので、この文言を現在風にアレンジして小学生に暗唱させれば何かが変わるかもしれませんね。理屈より前に行動に移してほしいものです。よくなかったらまた戻ればいいのです。
徳富蘇峰像と旧徳富蘆花邸

 同志社といえば、大河ドラマでも多くの時間を割いて、徳富蘇峰と徳富蘆花が出演していました。上の写真は、左は大田区山王草堂邸内(現蘇峰公園)に建っている徳富蘇峰像と世田谷区芦花公園に建っている旧徳富蘆花邸です。

 ブログ「名著を読む」には、新島襄「新島襄の手紙」の感想文を掲載しています。興味があったらアクセスしてください。
解答


 数学道場の添削問題は、大学受験の予想問題です。質問、疑問にすぐ応対します。大学受験に多額の経費は必要ありません。その分は大学に入学したら使用してください。コスパを考えて予備校選びを行ってください。

センター試験数学対策ポイント集今から始める2014年センター試験数学勉強!
 センター試験数学の問題は基本的な考え方を理解していれば必ず解けます。悩むことなど全くありません。数学道場では、過去にセンター試験で出題された問題を分析したところ、150ぐらいの基本的な考え方から成り立ち、センター試験の問題はこの150ぐらいの考え方が組み合わされてきていることがわかりました。
 その150ぐらいの例題と解答集を気軽学習できるようにiOSアプリ化したものです

名作を読む名作を読むiOSアプリ
 日本文学・世界文学の中からたいへん有名な名作の感想文を載せました。まず、感想文を読んでから、名作そのものを読むことをおすすめします。 名作というのは長きに渡って読む継がれたもので、人類の財産といってもよいものです。名作を読むと教養が身に付くだけでなく、心を豊かにしてくれます。 名作は未来永劫光り輝き続けます。この世に生をうけて、名作を読まないのは寂しいことです。
 「名作を読む」は今回が第一弾ですが、これからも継続していきます。

にほんブログ村 教育ブログ 算数・数学科教育へ

名作を読む一 日本を語れる日本人になる
YouTeacher株式会社
2013-03-12
数学道場・作文道場

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 名作を読む一 日本を語れる日本人になる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

戦争の条件 (集英社新書)
集英社
2013-04-17
藤原 帰一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 戦争の条件 (集英社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

誰も戦争を教えてくれなかった
講談社
古市 憲寿

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 誰も戦争を教えてくれなかった の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
会員志望校優先! 2013年同志社大学文系 第2問 微分と積分 数学のセンスを身につける問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる